歴史の継承 歴史の継承

葛飾郡

葛飾郡 葛飾郡

かつての下総国の西端にあり、武蔵国と隣あっていた広大な郡。 現在の千葉・茨城・埼玉・東京の各都県にまたがっていました。 「西船橋」周辺は、遣跡なども多いことより、古くから郡の中の主要部であったと考えられています。 「京成西船」駅も、かつては「葛飾」という駅名で、昭和62年に現在の駅名となりました。 かつての下総国の西端にあり、武蔵国と隣あっていた広大な郡。 現在の千葉・茨城・埼玉・東京の各都県にまたがっていました。 「西船橋」周辺は、遣跡なども多いことより、古くから郡の中の主要部であったと考えられています。 「京成西船」駅も、かつては「葛飾」という駅名で、昭和62年に現在の駅名となりました。

  • 八坂神社

    八坂神社2min(約110m) 八坂神社2min(約110m)

    約250年前に京都の八坂神社を勧請したのが起源といわれる由緒ある神社。境内にあるツバキやイチョウの巨木が歴史の深さを物語っています。夏祭りの日には神社から「西船橋」駅付近まで神輿が練り歩き、出店も並びます。 約250年前に京都の八坂神社を勧請したのが起源といわれる由緒ある神社。境内にあるツバキやイチョウの巨木が歴史の深さを物語っています。夏祭りの日には神社から「西船橋」駅付近まで神輿が練り歩き、出店も並びます。

  • 葛飾神社

    葛飾神社12min(約900m) 葛飾神社12min(約900m)

    葛飾郡の総社として長い歴史と確かな由緒を誇り、葛飾大明神とも呼ばれます。伝説が息づく葛羅の井、万葉の歌に因んだ勝間田の池(現在の勝間田公園)、船橋市指定文化財のクロマツなど、境内や周辺には見所が多く点在しています。 葛飾郡の総社として長い歴史と確かな由緒を誇り、葛飾大明神とも呼ばれます。伝説が息づく葛羅の井、万葉の歌に因んだ勝間田の池(現在の勝間田公園)、船橋市指定文化財のクロマツなど、境内や周辺には見所が多く点在しています。

  • ゲエロの池

    ゲエロの池1min(約30m) ゲエロの池1min(約30m)

    ゲエロ溜と呼ばれていた農業用の溜池の跡で、付近に点在する湧水池のひとつ。ゲエロとは、地域の言葉でカエルのこと。かつてカエルやホタルが生息するなど、豊かに息づいていた自然の名残りであることをうかがい知ることができます。 ゲエロ溜と呼ばれていた農業用の溜池の跡で、付近に点在する湧水池のひとつ。ゲエロとは、地域の言葉でカエルのこと。かつてカエルやホタルが生息するなど、豊かに息づいていた自然の名残りであることをうかがい知ることができます。

  • 葛羅の井

    葛羅の井 葛羅の井

    付近に点在する湧水池のひとつで、葛飾明神御手洗の井とも呼ばれています。日照りの時にも枯れることのない名泉として、鎌倉時代から知られていました。入口には市の名木10選に数えられているケヤキの木が佇んでいます。 付近に点在する湧水池のひとつで、葛飾明神御手洗の井とも呼ばれています。日照りの時にも枯れることのない名泉として、鎌倉時代から知られていました。入口には市の名木10選に数えられているケヤキの木が佇んでいます。

埋蔵文化財包蔵地に指定されています「センチュリー西船橋」の敷地は埋蔵文化財包蔵地。遺跡があった場所なので沼や河川の埋め立て地ではなく、古い時代より歴史を紡いできた場所です。 埋蔵文化財包蔵地に指定されています「センチュリー西船橋」の敷地は埋蔵文化財包蔵地。遺跡があった場所なので沼や河川の埋め立て地ではなく、古い時代より歴史を紡いできた場所です。

※掲載の写真は2018年2月に撮影したものです。

お問い合わせは「センチュリー西船橋ヒルズテラス」マンションギャラリー